オーダーカーペットは高いというイメージがあります。オーダー品は既製品と違い、依頼者が好きなようなサイズやデザイン、機能性を選ぶことができるので、手間がかかるからです。オーダーだと世界に一枚だけの自分だけの特別なカーペットという特別感があるものの、手に入れるにはお金がかかるから既製品で我慢しようと思ってしまうものです。しかし、安く販売しているお店もありますし、フルオーダーではなくセミオーダーのようなシステムでも十分というのであれば、それを活用すれは安く手に入れることができます。必ずしも高いものしかないという固定観念を捨てることで、予算内で満足のいく1枚を手に入れられる可能性があります。そのためにはなぜ安いのかを理解しておくことが大切です。

中間マージンを省いているお店だと安い

オーダーカーペットが高くなってしまう理由として、間に様々な業者が入り中間マージンが高くなってしまうからということが挙げられます。メーカー、カーペット会社、購入者や、メーカー兼カーペット会社から購入者という流れで購入する場合は中間マージンがほとんど発生しないので、末端価格を安くすることが可能です。一方、メーカー、貿易会社、問屋、カーペット会社、問屋、お店、購入者という流れで販売する場合は間に入る業者が多いので、中間マージンが増えて末端価格が上がってしまいます。つまり、購入者へ至るまでの間の業者が多いほどカーペットの値段が上がるということです。逆に考えれば、直接販売しているような専門店であれば間にあれこれ業者を入れずに済むので、購入費を安くすることができます。こういうお店を選んでオーダーすれば安く手に入れることが可能です。

自社内でオーダーサービスをやっている業者を選ぶ

出来るだけ安くオーダーカーペットを買いたいならば、製造、買い付け、受注、梱包、配送、アフターケアまで一貫してその会社でやっている業者に頼んだ方がいいです。全て自社内で行うことができると、コストが抑えられます。そういう業者はホームページも素人が作成しているのであまり見栄えがしないこともありますが、品質はちゃんとしていることが多いです。むしろ機械的に作業を進めている大手の業者よりもサポートが充実していて、後で何か困ったことが起きた時のアフターケアが充実しています。この中でも質の高いオーダー業者を見分けるには、卸業者としての経営年数が長い、返品や交換、返金などにも対応してくれるなどの条件が付いているかどうかをチェックします。返品などに対応してくれるということは、自信を持って商品を扱っている証拠です。